当施設宛のメールに関するお願い


現在、当施設のメールアドレス宛に各種の勧誘メールやチェーンメールなど、いわゆる「スパムメール」が頻繁に送られてくることから、これらを含めた当施設宛の全てのメールに対して各種対策を行っております。

これらの対策は機械的に行われるため、実際には問題のないメールも、ごく一部が迷惑メールとして扱われてしまうことがあります。


当施設に対しメールでご連絡を送られる際には、以下の点をご了承いただきますようお願い申し上げます。


  1. メールは「テキスト形式」で送付してください
  2. 重要度は設定しないでください
  3. 件名は適切に設定してください
  4. 添付ファイルの扱いは注意してください

なお、当施設のメールアドレスは、ibacenter@work.nifty.jpです。このアドレスにメールを送付した時点で、このページの内容をすべて確認し納得していただいたと判断します。よってこのページに書かれた内容に反するメールを送付された場合、それが当施設に届かなかったとしても、当施設は一切の責任を負いません。


1.メールは「テキスト形式」で送付してください

メール本文の記述形式としては「テキスト形式」と「HTML形式」があります。「テキスト形式」が原則としてメール本文の文字列のみを送信するのに対して、「HTML形式」は書式情報も送信できるため、凝った書式のメールを送ることが可能になります。

ですが、現在当施設では文書の内容を重視していることから、「凝った書式」の必要性を認めておりません。また、「HTML形式」のメールは書式情報に偽装した情報を埋め込むことで、メールを受け取った側に対し悪意ある攻撃を可能にするものもあります。

以上の理由から、当施設では原則として「HTML形式」のメールを無条件に迷惑メールとして処理させていただきます。当施設宛のメールは「テキスト形式」でご送付願います。

なお、メールの形式を設定する方法につきましては、各メールソフトのマニュアルやオンラインヘルプを参照してください。


例:Outlook Expressでメール送信形式を「テキスト形式」に変更する方法

  1. Outlook Expressを起動する
  2. [ツール(T)]−[オプション(O)]を開く
  3. [送信]タブ内の[メール送信の形式]で[テキスト形式(P)]を選択し、[OK]ボタンを押す

(このページの先頭へ)


2.重要度は設定しないでください

メールソフトの中には、「重要度」を設定することで、相手側がメールを受信した際に目を引くような形で表示させることを可能にしているものもあります。

しかし、当施設に送られたメールは、迷惑メールと判断されたものを除いた全ての内容を確認しており、重要度による応対手順の差はありません。また、スパムメールの中にはこの重要度を設定することで重要なメールと誤認させ、自身のメール本文を確認させるよう誘導するものもあります。

以上の理由から、重要度を設定したメールは無条件に迷惑メールとして処理させていただきます。なお、ほとんどのメールソフトは、意識的に行わない限り重要度は設定されませんので、特にご配慮いただく必要はないと思われます。

(このページの先頭へ)


3.件名は適切に設定してください

メールを送る際には「件名(Subject)」を入力しますが、これは入力しなくても送信は問題なく行うことができます。

しかしメールを受け取る側にしてみれば、件名が入力されていないメールは、本文を開いてみない限りは内容が分からないため、適切な応対ができなくなる可能性があります。

また、スパムメールの中には、意図的に件名を入れずに送ることで、受け取り手が内容を確認するために本文を開くよう誘導するものもあります。さらにこれらの中には本文を開いた時点から受け取り手のパソコン上で悪意あるプログラムを実行させるものもあります。

以上の理由から、件名の入力されていないメールは無条件に迷惑メールとして処理させていただきます。メールを送信される際には、「件名」欄が入力されているかどうかご確認願います。

また、件名は通常の連絡メールであっても、内容はスパムメールであるというメールもあります。これらの「件名と内容が一致していないメール」も迷惑メールとして処理されますので、件名は本文内容を反映した文言を、可能な限り具体的にご記入ください。

例:図書の点訳において、分かち書きに関する質問がある場合

(このページの先頭へ)


4.添付ファイルの扱いは注意してください

メールには本文とは別にファイルを添付することが可能ですが、スパムメールの中には、この添付ファイルに悪意あるプログラムを紛れ込ませている場合があります。

よって、本文のみで用件を伝えられる場合は、添付ファイルの使用をご遠慮願います。ファイルを添付する場合は、本文中に添付したファイルの名前を記してください。

(このページの先頭へ)



以上、利用者の皆様にはお手数をおかけいたしますが、業務の効率化とそれに伴う円滑な応対の実現のため、ご協力お願い致します。


本文終わり。