住所の異動に関してのお願い


お引越しなどで住所を異動される際には、以下の通りご連絡をお願いいたします。


なお、以下に示しましたご連絡をいただけない場合、利用者向けの郵便物等が返送されるなどの事態が生じます。これらの事態が生じた際には、当該利用者に対しまして、新たな住所等が判明するまでの間、止むを得ず当施設の利用を一時的に停止させていただく場合がありますことご了承願います


また、当施設では、利用者の個人情報については、基本的に利用者本人もしくはその関係者からの自己申告、および自治体などからの業務委託に伴い入手した名簿類の他には、調査・確認の手段を有しておりません。



1.茨城県内に異動される場合

(1) 住所を異動される場合は、必ず当施設に直接ご連絡下さい

上で述べたように、当施設では基本的に本人からご連絡のない限り、各種個人情報を入手する手段がありません。

また、役場・学校等に住所異動のご連絡をされたとしても、当施設にその情報が届くことはまずありません。特に個人情報保護法が施行されてからは、各所に問い合わせたとしても、個人情報保護の立場から情報の提供を断られることもあります。

よって、住所異動のご連絡は直接当施設にお願い致します


(2)郵便局に郵便物の転送を依頼された場合でも、必ず当施設へ新しい住所をご連絡ください

郵便局による郵便物の転送は、あくまで郵便局内での処理となります。そのため当施設に転居の事実、および転送先の住所が伝えられることはほとんどありません。

また、転送期間が経過した後は、郵便局内の転送先情報も破棄されるため、この時点で当施設で転居の事実が確認できたとしても、転居先を追跡することはほぼ不可能となります。

よって、転送の有効期間内に必ず当施設へ新しい住所をご連絡ください


2.茨城県外に異動される場合

原則として1と同様に、直接当施設にご連絡をお願いいたします


ただし、当施設は、原則として茨城県内にお住まいの視覚障害者を利用対象者としております。よって「通学先、あるいは勤務先が茨城県内にある」「近い将来茨城県に戻ってくる」など特別な理由があると当館が認めた場合を除き、県外に異動された方へのサービスの提供は終了させていただきます。異動された県または政令指定都市にございます視覚障害者福祉施設をご利用下さい。

また、以下の点お願い申し上げます。


(1) 点字図書、録音図書は転居前に全てご返却願います

県外に転居される方が、当施設から貸し出した図書類を返却せず転居してしまう例が多々見受けられます。この事態が生じた場合、他の利用者に多大なご迷惑をおかけすることがあります。

また、当館が中継して他の図書館から貸し出しを受けた資料の返却が遅れた場合、時によっては相手館から当図書館への貸し出しを停止されてしまう場合もあり、これも他の利用者に多大なご迷惑をおかけすることになります。

よって、当施設から借りられました点字図書、録音図書類は、必ず転出前に全てご返却下さい


(2) 「サピエ」利用者は各自で事務局へご連絡願います

「サピエ」を利用されている方が県外へ異動される場合は、登録施設の変更手続きが必要になります。この場合は当施設とともに「サピエ事務局」(06-6441-1078)へもご連絡をお願い致します。

なお、「サピエ」の登録施設変更手続きにつきましては、「サピエ」の事務処理の都合上、当施設による手続き代行はいたしかねますのでご了承ください


3.その他

住所以外にも改姓・改名・死亡など個人情報の変更があった場合は、必ず当施設に直接ご連絡下さい。




本文終わり。